モンベル-ウォレット-開いたところ

みなさんお財布はどんなのを使っていますか?

私はナイロンの財布は使った事がなかったのですが、「ヘビーデューティー」をキーワードに、今回はアウトドアに合った財布はどんなものかを考えていきましょう。

材質による違い

革の財布は人気ですし、実際私も革の財布しか使ってきませんでした。理由はフォーマルな場面では、やはりナイロンよりも革が合うのと、背広を着る仕事だったので、革の財布が合うかなと思っていたからです。耐久性の面では革はカビも生えますし、湿気も含みます。しかし、適切なメンテナンスをしてあげれば、摩擦などにも強いですし長持ちします。

ナイロン

ナイロンはカビが生えたりしにくい反面、摩擦には弱く、摩擦熱で穴が開いてしまう事もあります。(バイク用ジャケットはナイロンだと転倒時に穴が空きますが、革のものは穴が開きにくいです。)その代わり水分や湿気に革より強く、ノーメンテでも扱いやすいです。

日本一周に持って行くなら

財布は中身を入れ替えるのも面倒ですし、バックと違って用途で変える人も少ないかと思います。私も普段バイクに乗るときは、いつも使っている革の財布をそのまま持っていきます。しかし今回は数ヶ月の旅なので、快適に使える財布を考えてみようと思いました。

現在の革の財布だと少々仰々しい

私の持っているフォーマルな革の財布だと少し仰々しくて、アウトドアに似合いません。そして、なによりもテントの中で転がってたり、雨の日に濡れまくっても性能を維持できるようには思えないのです。

ナイロンだと雨が降った時も良さそう

雨が降った時も気にせず使えそうなナイロンの財布が良いように思い、色々アウトドアの通販サイトを見ていたら、こちらの商品が目にとまりました。

モンベル ジップワレット

色は黒にしようかどうしようか迷ったのですが、テントの中で散らばっても見やすいように、明るい色を選びました。色は全部で6種類もあります。

パッケージ

モンベル-ウォレット-パッケージ

なかなかコンパクトです。

開いたところ

モンベル-ウォレット-開いたところ

色は”シトロンイエロー”だそうです。

中も綺麗な配色です。

小銭入れ

モンベル-ウォレット-小銭入れ

小銭が取り出しやすい形状になっています。

私はこういうタイプは避けてきたので、今回が初めてです。使ってみるとなかなか使いやすいですね。

お札入れ

モンベル-ウォレット-お札入れ

モンベル-ウォレット-お札入れアップ

お札入れにも仕切りが1枚ついてて使いやすそうです。カード類はあまり入りませんが、必要最低限のものは入るので、これに入れてコンパクトにして持って行こうと思います。これなら少し濡らしたくらいでは問題なさそうな材質なので、とても良いチョイスをしたと思っています。

やはりアウトドアにはナイロンの財布

革だと結構気を使う事が多かったので、今回この財布に入れ替えて見て、コンパクトに収まりも良くなって、これにして正解だと思いました。旅が終わればまた革の財布に戻ると思いますが、私はアウトドアにはナイロンの財布がよいと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ ⬅ランキング応援お願いします!

⬇いいね!は数字が増えるだけですが喜びます!
1 Star 19 いいね!
Loading...

コメント

コメントを残す