MacbookAir-ケース-横から2

ずっと使いたくないなと嫌っていた物が、使ってみたら結構良かったということはありませんか?今回は、仕方なしに使ってみたら結構気に入ってしまった、というケースのお話です。

日本一周にノートパソコンを持って行くか否か

旅立つにあたって、ブログの更新などの為に何を持って行こうか検討していました。

スマホがあれば更新はできるので、スマホとBluetoothキーボードを持っていく案でほぼ決定していたのですが、ブログを色々いじったり、撮りためた写真はどうしようとか、かなり色々なことを考えて、結局MacBookAir11インチを持っていくことにしました。

充電はどうするかなど色々悩んだのですが、それは別記事で後日ご紹介します。

ノートパソコンは精密機器

今回は、バイクの旅にアルミむき出しのノートパソコンを持っていくには、どうしたら安心できるかを考えました。

MacbookAir-上から

キャリングケースに入れても、使用時の安心は得られない

ずっとフェルトの封筒状のキャリングケース使っているのですが、それをそのまま持っていけばいいやと思いつつ、使用時にむき出しのアルミが傷だらけになるかなーとか、落としたら凹むかなぁとか、外だと扱いに神経使うなぁとか、色々考えていました。

たとえキャリングケースを頑丈にしたとしても使用中は無防備なので、直接的な保護が必要なんじゃないかと思い始めました。

保護ケースが気になり始める

ケースを付けてる人って結構居る

そう思うようになってから、MacBookAir自体につける保護ケースの存在が気になって来ました。ケースつけて使ってる人って結構居るよなぁ、なんて考えながら。

それでも抵抗があった

しかし私はノートパソコン自体にケースを付けるのに抵抗があって、あまりカッコよくないと思っていましたし、なんか微妙なイメージが漠然としてありました。

そう、昨日までは・・・。

背に腹はかえられぬ

壊したらテンションだだ下がり

とは言え、替えの効かないノートパソコンを旅先で破損してしまったら、その後のテンションがだだ下がりなのは目に見えています。もしかしたら更新も滞ってしまうかもしれませんし、スマホのストレージがいっぱいになっても、退避する場所がなくなってしまいます。クラウドストレージは通信量の関係で使いたくないので、それだけは避けたいと思ったのです。

それでも最後の抵抗をした

自分がなんでケースが変だなと感じるのかを考えました。

金属とアクリルのミスマッチ


Macbookハードケース クリア

色々な写真を眺めながら思ったのは、「金属の質感の上に、透明な空間が存在しているのがおかしい」という感覚を持っているのがわかりました。

美しさを保護して美しくなく使うか、保護せず美しさを徐々に失っていくか

Macは買ったそのままの状態がとても美しいので、隠したくないという気持ちはわかるのですが、結局美しいものにカバーをしてしまうと、その美しさはスポイルされてしまうわけです。それなのに透明にしてクリアケースの中のものを透けて見せている状態が私的には中途半端に感じ、あまり気に入らなかったようです。

透明じゃないのがあるのか調べてみた

では、透明ではないケースはあるのか、というところで調べて見たところ、なにか「マット」という表現で売られているケースがあるではないですか。

写真を見てみると確かにマットな感じがします。完全に中が見えないわけではなく、梨地のような、すりガラスのような感じになっています。

なかなか良さそうなので買ってみた

レビューも悪くなく、値段も安かったので、ダメならつけずに行こうというスタンスで購入してみました。それがこちら。

LENTION ハードケース


LENTIONハードケース

中国メーカーのようですが、アマゾン発送ですぐ届きました。
今見ると商品写真と実物は色が全然違いますね・・・。

パッケージ

MacbookAir-ケース-正面

殆ど同じな商品が複数のメーカーから出ていて、どこが良いのかわからなかったのですが、悪くなさそうで一番安いのを選びました。
まぁでも、流用(!?)しているのだと思うので、どこのメーカーを選んでも殆ど同じだと思います。たぶん(笑)

MacbookAir-ケース-パッケージ裏

単に透明なビニール袋にそのまま入っているのも多いのですが、こちらはちゃんとしたパッケージがあります。

コネクターカバー付き

パッケージの写真をあとから見て、コネクタカバーが付属している事に気付きました。が、パッケージごとこれを捨ててしまったようです・・・やっちまった・・・。

質感は悪くない

ケース外観

MacbookAir-ケース-中身

MacbookAir-ケース-中身2

足のゴム部分も、ケースに貼り付けてあるわけではなく、ケースの内側から外側に向かってはめ込んであるので、両面テープで貼ってあるもののように剥がれてしまう心配がありません。

底面には放熱スリットも設けてあります。これがどのくらい効果があるかはわかりませんが、一応色々と工夫を凝らしているようです。

装着してみた

素の状態(表)

MacbookAir-上から

装着後(表)

MacbookAir-ケース-装着後-表

浮いたりキツかったりする事もなく、しっかりハマりました。

一度装着すると外すのが結構大変でしたが、外し方のコツになれるとすぐ外せるようにもなりました。とはいえ、何かの拍子に外れてしまうような感じではなく、安心して使えそうです。

素の状態(裏)

MacbookAir-裏

素の状態(裏)

MacbookAir-ケース-裏

1点気になったのが、底ケースの冷却ファン側(モニターのヒンジ部分)の精度が良くないのか、MacBookAirの蓋を開くと「グリリ」という擦れたような音がします。

確かめて見ると確かに蓋のヒンジと底のケースが擦れていて、あまり良くなさそうです。

自分で削り取って修正

ディスプレイのヒンジ部分に当たるところを修正

MacbookAir-ケース-底面削る場所

本体と触れる部分(写真手前)をアートナイフで少しずつ削り取っては確かめてを繰り返し、結構削り取ったところで接触はなくなりました。その状態でもケースが外れやすくなるということはありませんでした。

一気にお気に入りの一つに

嫌いのジャンルにも好きなものはある

ノートパソコンのケースは嫌いだったはずなんですが、想像するのと実際使ってみるのとでは違いました。
装着した瞬間、これいい!と思いました。
もしかしたら候補に入れなかった透明なケースも、つけてみたら「コレいい!」とか言ってるかもしれません。

MacbookAir-ケース-装着全体像

ぼんやり見えてるリンゴマークがカッコ良い

リンゴマークの光がぼんやりと透けて見えて、なんだかカッコよく感じます。

見た目も新鮮に。外装も堅牢に。

今までケースなんて付ける気は全く無かったのですが、色も変わって結構新鮮な気分です。

持った感じも堅牢になったようで、安心できます。

コストパフォーマンスはかなり良い

1箇所削らないといけない場所がありましたが、値段を考えると納得です。

質感も悪くなく、なかなか良いです。これはMacBookAirを持ってアウトドアアクティビティをする方に非常にお勧めです!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ ⬅ランキング応援お願いします!

⬇いいね!は数字が増えるだけですが喜びます!
1 Star 21 いいね!
Loading...

コメント

コメントを残す