純正カウル入刀直前

さて、前回かなり厳密な実車合わせにより切断された風防ですが、その時に入ってしまったヒビを修復し、カウルと合わせていくことにします。

【風防計画の他の記事】

厳密すぎる実車合わせに”疑問の声”

前回実施した実車合わせの現場写真が無い事に対して、疑問の声が!・・・どこからも上がっていません

素晴らし過ぎて公開できなかったのですが、この度公開されることになりました。度肝を抜くその厳密さ。

厳密な実車合わせの図↓所要時間10秒
実車合わせテキトー(笑)

何事も、過ぎたるは及ばざるが如し

素晴らし過ぎる実車合わせに、開いた口が塞がらないと思います。しかし、以下を読めば納得なのです。

過ぎたるは及ばざるが如し!ということで、
いい加減過ぎる = いい加減にすら及んでいない = 素晴らしい!というロジックなのです(違)

風防のヒビを塞ぐ

さて、茶番はこのくらいにして(スミマセン・・・)前回やってしまったヒビを修復していきます。

みんな大好きウルトラ多用途

老若男女、みんな大好きです。

カウルのヒビ修正-ウルトラ多用途

どんなヒビでもくっつけてしまう、素晴らしい接着剤です。瞬間接着剤のような扱い辛さもない上に、衝撃にも強いです。特にアクリルなんかは、かなり強力に接着できます。アクリル専門店もオススメしてるくらいなので、今回のチョイスはぴったりでしょう。

傷口を思いっきり開いて、中にぬりぬり

中にぬりぬりしました。これだけやっとけばどうにかなるはずです。

風防ヒビ修理裏

念のため、乾いた後に強力な粘着力の透明テープも貼っておきました。

風防ヒビ修復表

表面は両面テープを貼り付けるため、透明テープは少しにしてあります。

切断面はこれで良し

切断面が大分汚いですが、ヤスリをかけ始めて3秒で疲れた私は、このままで行くことにしました。

いよいよ車両のカウルに手を入れる時が!

来ました。いよいよ。もう後戻りはできません。

勢いと祈りが大切

うまく行くことを祈って、いざ入刀!

純正カウル入刀直前

えいや!とパキパキやっていきました。

そして適当にーーではなく、厳密にスクリーンと合わせ、粗方削ったところ

純正カウル入刀後

はい。いいですね。「あちゃー」なんて言わせません。もう引き返せないのですから・・・。人生、勢いが大切な時もあります!・・・と自分に言い聞かせながら進めていきます。

アートナイフとカッターでスクリーンと合わせながら削り取る

削り取って合わせたところ

風防と純正カウル入刀後

こちらも切断面が汚いですが、まぁこんなもんでいいでしょう。

スクリーンに干渉している他の部分も削る

もう、いくら純正カウルにメスを入れようとも、怖くはありません。どんどんいきましょう。

スクリーンのカーブにぴったり当たるようにサイドを削る

風防フロントマスク加工サイド左

カーブに合わせて削りました。あとで超強力両面テープで保持する予定です。

風防フロントマスク加工サイド右

反対も同様に。

合体する準備は整った!

スクリーンもカウルも、準備は整いました。

後は合体する日を待つばかり。

待ち遠しいですね・・・。

この先の予定

  • スクリーンを両面テープと接着剤で純正カウルに接着
  • ボルト穴を開ける
  • ボルトで固定
  • 車体に装着
  • ステーで保持

つづく・・・

【風防計画の他の記事】

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ ⬅ランキング応援お願いします!

⬇いいね!は数字が増えるだけですが喜びます!
1 Star 18 いいね!
Loading...

コメント

コメントを残す