KLX250正面

みなさん、風防ってつけてますか?

フルカウルのバイクやアドベンチャーバイクには当然のようについていると思いますが、私のKLX250には申し訳程度にしかついていません。これって風防?

KLX250フロントマスクアップ

この写真の緑の部分が風防と言うかメーターカバーと言うか・・・です。これで風を整流して、ライダーに当てない、になればいいんですが、ほとんど効果は無く、風がもろ直撃してると言ってもいいと思います。

風防の功罪

風防はカッコいい!という車種もある

スーパースポーツ・ツアラー

例えばスーパースポーツやツアラーの風防はカウルと一体になっています。

スーパースポーツ風防

風防(スクリーン)がデザインの一部になっていて、カッコいいですね。外してしまうと逆にカッコ悪いです。なのでこういうバイクの風防はカッコいい、と定義できると思います。

アドベンチャー

あとはアドベンチャーバイク。オフ車とは違う、冒険バイクです。本当は一番日本一周に向いているかもしれません。

トライアンフタイガー、カッコいいですね。いつかはこんなバイクに乗ってみたいものです。

ネイキッド・アメリカン

ネイキッドのビキニカウルについている風防、旅仕様になったアメリカンバイクについている風防、車種やカスタムの仕方によってはカッコいいと言えます。

風防がどうしても合わないバイクもある

逆に、風防がどうしても合わないバイクがあります。

オフロード・モタード

オフロードバイクをアドベンチャーっぽくカスタムできればカッコいいと思いますが(ツーリングセローとかね)やはりオフロードに風防をつけるとなんだか頭でっかちでカッコ悪いです。

どれだけフロント周りを軽く小さくするか、なんてカスタムもあるくらいで、フロント周りをゴテゴテしていくのはカッコよさから遠ざかってしまうでしょう。

しかし、背に腹は変えられぬのです・・・。

合わなくても風防!

風圧に抗い、快適な走行環境を得るために、私はKLX250に風防をつけることを決めたのであった。

完成系のイメージとしてはツーリングセロー

ツーリングセローはお手本

やはり、メーカーがセローを旅仕様にカスタムしたツーリングセローは色々とお手本になります。アドベンチャーっぽくてカッコいいです。できるだけ近づけるように努力してみます。

KLX250の現状はいかに

KLX250の現状(ノーマル)を確認してみます。

ライダー側から見るとこんな感じ。

KLX250コクピット

これじゃあ風、全く防げないですよね。

イメージとしては、ツーリングセローのスクリーンをフレームごと流用するか、現在ついている風防のようなものを延長する形で何らかの風防を取り付けるかになりそうです。

流用できそうな他車種の風防も候補になっています。調べた限りではKLX250の風防は存在しないので、汎用のものか、他車種からの流用になると思います。

KLX250に風防は前途多難

自作しているツワモノもちらほら

ネットで調べると、KLX250に風防を取り付けられている方もちらほらみられます。

それらを参考にさせてもらいつつ、私にとって一番良い方法で取り付けができたら良いなぁなどと目論んでいます。

そういえば、押入れの中にこんなの転がってた

SS風防

何でしょうかこれ・・・。

何かのスクリーンのようです。

でもこんなのあったら、ねえ・・・やるっきゃないって事でしょうねきっと・・・。

つづく

日本一周風防計画その2はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ ⬅ランキング応援お願いします!

⬇いいね!は数字が増えるだけですが喜びます!
1 Star 18 いいね!
Loading...

コメント

コメントを残す